離婚率増加

結婚したのに別れるって少し前までは世間体等を気にするのもあり、なかなか出来なかったですよね。しかしこの頃は年々離婚率は上がり続けており、結婚した方々のうちの約3.5人に1人は別れています。結婚したらやっぱり死ぬまで一緒にいられるのが理想の形だと思いますが、何らかの事情で一緒にいられなくなりますよね。

その時にあった方がイイとされているのが、離婚協議書です。多分普通に生活していたらあまり触れる機会のない言葉だと思うのですが、この離婚協議書ってどうゆうものだかご存知ですか?内容としては、離縁時もしくは離縁後の約束事について記載されています。実は言ったか言わなかったかで別れた後にトラブルになることが非常に多いんです。その時に問題が起こらないようにするために、証拠として離婚協議書をお互いの合意文書として残している人々が増えています。この文書は破婚してから何年間も有効なので、様々な機会で使用することが出来ます。中に約束されることとしては、例えば子供の親権はどうするのか、財産分与はどのように行なっていくのかといったことです。

この離婚協議書は自分で作ることも可能ですが、内容に不備があった場合は無効となり認められないことも考えられますので、専門的な知識がない方は行政書士等の資格を持つ人に頼むのが一般的です。





What's New

2012/03/19
新着記事を更新。
2012/03/19
子どもについてを更新。
2012/03/19
約1割がこの形を更新。
2012/03/19
約9割がこの形を更新。
2012/03/19
公的証書とは?を更新。
2012/03/19
離婚協議書はあった方がイイを更新。
2012/03/19
ホームページリニューアル

Recommend Entry